エッセンスは数多くのブランドを扱っていますが、パシオーネもそのうちのひとつです。
今回はそのパシオーネのなかから、「ウエストリブチェックスカート」を取り上げます。

セーターにもよくみられる「リブ」とは?

セーターにもよくみられる「リブ」とは?

PASSIONE(パシオーネ。以下カタカナ表記)のウエストリブチェックスカートは、「リブ」と呼ばれる加工がされています。まずはこれについて紹介していきます。

リブは、「畝編み」とされることもある編み方です。文字通り、縦の方向に畝ができるようにして作られるやり方であり、一か所に段差が産まれるようにして編んでいきます。
この方法は、よくセーター、とりわけセーターの袖口部分にみられるもので、高い防寒性を誇ります。リブで処理された服は弾力性があり、しっかりと肌に吸い付くため、高い防寒性を誇るようになるからです。ただしこれは「セーター」に採用された場合であって、一般的なポロシャツなどに利用される場合は、防寒性を求めることは原則としてありません。

リブは実用性の面から用いられることもありますが、デザイン性の面から利用されることもあります。パシオーネのウエストリブチェックスカートの場合は、「防寒性」を強く求められるものではないといえます。

なおパシオーネのウエストリブチェックスカートに使われているのは「タフタ生地」と呼ばれるものです。
これについても解説していきましょう。
タフタ生地とは、「平織りで作るものであり、横畝を持つ生地」です。ただその横畝は、リブほどはっきりとしたものではないことが多く、非常に控えめです。
ちなみにタフタは昔は絹を使って作られていましたが、現在ではその限りではなく、ナイロンやレーヨンなどが使われることもよくあります。

タフタ生地の場合、縦横の糸を十字にしながら作っていきます。そのため、これが「模様」として表面に出てくるとされています。

タフタ生地は昔から非常によく使われてきました。その歴史は12世紀にまでさかのぼると言われていて、ドレスなどに使われてきました。また、意外なところでは、「カーテン」や「パラシュート」に利用されてきたという歴史もあります。
タフタ生地の持つ、独特の(しかし悪目立ちしない)光沢感や、存在感がありつつも滑らかな手触りは、実用性とデザイン、両方の面から多くの人に愛されてきました。
また現在は数多くのデザインが提供されていて、布地自体のバリエーションも非常に豊かです。ただ通気性はそれほど高くはありません。

独特のハリと艶のあるタフタ生地のフレアスカート。
優しい配色と広がりすぎないシルエットが、大人スタイルにピッタリ!

パシオーネのウエストリブチェックスカートは上手にシルエットを調整する

パシオーネのウエストリブチェックスカートは上手にシルエットを調整する

「リブ(編み)」と「タフタ生地」についての概略を説明してきたところで、ここからはいよいよ「パシオーネのウエストリブチェックスカート」に注目していきましょう。

パシオーネのウエストリブチェックスカートは、非常に「調整上手な」スカートだといえます。
パシオーネのウエストリブチェックスカートのシルエットは広がりすぎないため、大人がきれいに着こなせる洋服となっています。また色合いも優しく、トゲトゲしさがないため、人を選ばずに履けるのも魅力です。そのような意味では、パシオーネのウエストリブチェックスカートは、非常に使いやすい1枚だといえるでしょう。

タフタ生地ならではの独特のハリと艶を持つスカートであり、リブで仕上げられたことによる個性も魅力です。
ウエストの対応サイズは56センチ~78センチ(S~M)程度で、サイズにもある程度融通が利くのも魅力です。

パシオーネのウエストリブチェックスカートは、一見しただけだと、ブラウス&パンプスのきれいめスタイルにのみ対応している商品のように思えるかもしれません。しかし実際にはパシオーネのウエストリブチェックスカートの活躍の範囲は幅広く、Tシャツとスニーカーというカジュアルで過ごしやすいスタイルにも非常によくマッチします。「使い方や使いどころの範囲が広いこと」もまた、パシオーネのウエストリブチェックスカートの魅力だといえるでしょう。
丈の長さもちょうどよく、短すぎず長すぎず……といった長さなので、着る場所を選びません。この意味でも扱いやすいアイテムです。

イエベさんの場合は、濃いグレーのロゴTシャツや黄色い鞄、デニムジケットにカジュアルなスニーカーと合わせるときれいに着こなせるでしょう。
ブルベさんの場合は、ボリューミーな袖を持つブラウスに、黒の鞄、そしてパンプスを合わせると違和感なくなじみます。
もちろんこれはあくまで「一例」ですし、パシオーネのウエストリブチェックスカートは非常に使い勝手が良いアイテムなので、「自分にとってのベストコーディネート」を探していくこともできます。

なおパシオーネのウエストリブチェックスカートの色展開は、アイボリー1色のみなのでこの点には注意してください。

パシオーネのウエストリブチェックスカートの購入はこちらからどうぞ!
https://www.esense-blue.com/items/44193052

Tシャツ&スニーカーのカジュアルスタイルにも、ブラウス&パンプスのきれいめスタイルにも。
素敵にコーデがキマリます♪

The following two tabs change content below.
遠藤美絵
ICD(国際カラーデザイン協会)認定パーソナルカラーアナリストであり、ファイナンシャルプランナー2級を保持。 元金融機関勤務で現在は現在は岐阜県可児市にて夫婦で経営するセレクトショップésenseの店長。アパレル歴10年。 パーソナルカラー診断でお客様に合ったコーディネイト提案が得意です!