イタリア語で「情熱」という意味を持つ「PASSIONEパシオーネ(イタリア語の場合は「パッシオーネ」「パッショーネ」に近い発音を持つこともあります。以下カタカナ表記)」の打ち出す、「パシオーネ ホールガーメントニット」を、今回の記事で取り上げていきます。

ゴワツキ感のない万能パシオーネ ホールガーメントニットはお役立ちアイテム

立体的なシルエット、豊富なカラー展開が嬉しいパシオーネ ホールガーメントニット

「ホールガーメンニット」という言葉を御存じでしょうか。単純に「ホールガーメント」と書かれることもあるもので、洋服の一種に分類されるものです。英語では「wholegarment」と書きます。
この「ホールガーメントニット」は、ごく簡単に言うのであれば、「無縫製で編み上げたニットウェア」ということになります。
このホールガーメントは世界から注目されており、非常に新しい製法です。2018年の9月に、島精機製作所が開発した技術によって可能となったもので、たった1本の網意図で、1着のニットを丸ごと編み上げる方式をいいます。現在の洋服業界の最先端を行く技術であり、その編み方は50万通りにもなるといわれています。世界でも有数の服飾ブランドからも注目を集めています。

ホールガーメントニットは、「生地を無駄にしない」「非常に効率的に洋服を作ることができる」というメリットがあります。しかしホールガーメントのメリットは、単純に「作り手側の利益」だけに直結するものではありません。縫い目がないためゴワツキ感がなく、伸縮性に優れた洋服となるのです。縫い代もなく、「着ている人が、本当に心地よいニット」になるのもホールガーメントニットの魅力です。
ちなみにここでは「パシオーネ ホールガーメントニット」を取り上げていますが、このホールガーメントニットの技術は、スカートやワンピースにも応用されています。

このように最先端の技術で作られているパシオーネ ホールガーメントニットは、上でも述べた、ホールガーメントニットならではの着心地の良さを誇ります。「ニットは好きだけれど、肌にゴワツキ感を覚えるのが嫌」「柔らかく着られるニットが欲しい」と考える人におすすめです。
万能アイテムであり、どんなとき、どんなシチュエーションでも美しく着こなせるのもパシオーネ ホールガーメントニットの魅力です。

縫い目がなく、ゴワツキ感もない、本当に着心地の良いニットなので是非一度お試しください。

立体的なシルエット、豊富なカラー展開が嬉しいパシオーネ ホールガーメントニット

豊富なカラー展開が嬉しいパシオーネ ホールガーメントニット

「ホールガーメントニット」について解説してきましたが、ここからはより細かく「パシオーネ ホールガーメントニット」について解説していきましょう。

着心地の良さを誇るパシオーネ ホールガーメントニットですが、非常に立体的で、適度な存在感のあるシルエットに仕上がっています。目立ちすぎない程度に袖のあたりがぷくっと膨らんでおり、非常に上品で優雅、女性的な印象を作り出しています。フェミニンな装いを作りたいときにおすすめの一着で、特に冬の終わり~春にかけては大活躍するでしょう。まだ肌寒い時期ならばパシオーネ ホールガーメントニットの上にアウターを着ればOKですし、温かくなってきたのならばパシオーネ ホールガーメントニットとボトムスだけで過ごすことができます。

また、パシオーネ ホールガーメントニットの魅力として、「カラー展開が豊富であること」が挙げられます。パシオーネ ホールガーメントニットは、ベージュ/ピンク/グリーン/ブルーの4色展開で、好きな色を選べるようになっています。1着パシオーネ ホールガーメントニットを手に入れてみて、着心地が気に入ったのならば、もう1着違うカラーを購入することも考えても良いかもしれません。
そのときの気分に合わせて選び分けられるのも、パシオーネ ホールガーメントニットの魅力です。

豊富なカラー展開なので、コーディネートの幅が広がるのも楽しいですね。

ただ、「最初の1着にどれを選ぶか迷っている……」という人もいるでしょう。その場合は、パーソナルカラー診断に基づいて、「自分が似合う色」のパシオーネ ホールガーメントニットを選ぶと良いかと思われます。
たとえば、イエベさんならばベージュやグリーンが肌色によくなじみます。反対に、ブルベさんならばピンクやブルーとよくマッチするでしょう。ちなみにイエベさんの場合はボトムスにホワイト×ブラックの長めのフレアスカートを、ブルベさんの場合はレッド×ネイビーの長めのフレアスカートを合わせるとよりきれいに決まります。
もちろんこれらは絶対的な基準ではありません。ブルベさんでもベージュやグリーンを採用してもOKですし、イエベさんでもピンクやブルーを選んでも問題ありません。パーソナルカラーは自分の肌の傾向を知るためのものであって、「着られない服を増やすためのもの」ではありません。

いずれにせよ、パシオーネ ホールガーメントニットはフェミニンな装いを好む人にとって、着心地にしろデザインにしろとても使いやすい1枚になることは間違いありません。
使い勝手の良いパシオーネ ホールガーメントニットのご購入はこちらからどうぞ。
https://www.esense-blue.com/items/39313164

参考
https://gemba-pi.jp/post-182793

The following two tabs change content below.
遠藤美絵
ICD(国際カラーデザイン協会)認定パーソナルカラーアナリストであり、ファイナンシャルプランナー2級を保持。 元金融機関勤務で現在は現在は岐阜県可児市にて夫婦で経営するセレクトショップésenseの店長。アパレル歴10年。 パーソナルカラー診断でお客様に合ったコーディネイト提案が得意です!