PASSIOPNE(パシオーネ。以下カタカナ表記)は、高品質でシンプルなデザインの服を得意としているブランドです。また、好感度の高い製品を打ち出すことでもよく知られています。
このパシオーネが打ち出す、「フレンチリネンスカート」について取り上げていきます。

フレンチリネンとは、フランスの北部で生まれる布のうちの一種です

フレンチリネンとは、フランスの北部で生まれる布のうちの一種です

フレンチリネンとは、フランスの北部で生まれる布のうちの一種です。「リネン」は亜麻の繊維から生まれるものであり、フランスでは特に「リンネル」と呼ばれています。リネン(リンネル)の歴史は非常に古く、紀元前8000年ごろまでさかのぼることができるといわれています。
なおリネンはしばしば「麻」と混同されますが、「麻」は植物を由来とする繊維全般のことを指す言葉です。対して「リネン」は、その植物を由来とする繊維のなかでも特に亜麻を使ったものをいいます。

リネンの生まれ故郷は小アジアあたりだといわれていますが、現在は、今回取り上げるフランスの北部などでよく作られています。またリネンは人類にとって非常になじみ深い繊維であり、衣類だけでなく、寝具などにも利用されています。また衣類だけでも、ワンピースやシャツ、スカートと、その活躍の範囲は非常に幅広いのです。

フレンチリネンの持つ特徴についてみていきましょう。
フレンチリネンは、リネンのなかでも上級の品質を誇るといわれています。美しく豊富な水と寒涼な気候によって育まれている生地で、柔らかな手触りと、涼やかに着られる風通しの良さを誇ります。肌になじむ肌触りであり、長く着ることでさらによく体に調和するようになります。
このような特徴を持つため、リネンは、夏に適した素材だといわれています。ただ、実はリネンは温かみも感じさせる素材であるため、冬場に着ることも可能です。特にリネンの持つ特徴的な光沢は、冬の素材であるウールともよくなじむとされています。
リネンの持つこのような「汎用性の高さ」は、リネンの魅力のうちの1つです。リネン素材のものを1枚持っておくと1年を通して楽しめるため、「オールシーズン、いつ買っても楽しめる服」に仕上がっています。

多くのアバレルブランドが手掛けるこの「フレンチリネン」ですが、今回はパシオーネの「フレンチリネンスカート」を取り上げて、その特徴や魅力について解説していきましょう。

涼しい気候と、豊かな水源に恵まれた大地で作られたフレンチリネン。これからの季節におすすめです。

「フレンチリネンらしさ」を存分に楽しめるパシオーネの「フレンチリネンスカート」

「フレンチリネンらしさ」を存分に楽しめるパシオーネの「フレンチリネンスカート」

「フレンチリネンの持つ特徴」として、「柔らかな手触りと、涼やかに着られる風通しの良さを誇ること」を上記で述べました。
パシオーネの「フレンチリネンスカート」は、そのようなフレンチリネンらしさを存分に楽しめる1枚となっています。

パシオーネの「フレンチリネンスカート」は、独特の清涼感を持ちます。暑くなっていく季節のなかでも快適に着ることのできる1枚であり、使えば使うほど深みを増していく素材でもあります。「自分の色、自分の服」になっていくパシオーネの「フレンチリネンスカート」は、快適さとともに育てる楽しみのある1枚だといえるでしょう。

また、パシオーネの「フレンチリネンスカート」の良さは心地よさだけに限りません。パシオーネの「フレンチリネンスカート」は非常にシルエットが美しく、まとう人の下半身をきれいに彩ってくれます。ウエストサイズも68センチ~80センチまで対応可能であり、非常に多くの人の体形にマッチしてくれます。このような点も、パシオーネの「フレンチリネンスカート」の魅力だといえるでしょう。

快適な着心地を誇るとともに、きれいなシルエットを持つパシオーネの「フレンチリネンスカート」は非常に人気の高い1枚です。麻100パーセントでできているため、吸水性にも優れており、撥水性も良く、非常に丈夫です。汚れも落ちやすいので、ハードユーズにも耐えられるといううれしい特徴も持っています。

パシオーネの「フレンチリネンスカート」のカラーバリエーションは、ベージュとレッドの2つです。
ベージュはイエベさん向きのカラーリングで、ぬくもりとソフトな雰囲気を感じさせることが得意なものです。やわらかいグリーンやイエローのトップスと合わせるとより良いでしょう。
ブルベさんには、レッドをお勧めます。レッドのパシオーネの「フレンチリネンスカート」に、はっきりとした黒色のトップスを合わせると、メリハリとコントラストの効いたパッションコーディネートが完成します。
※もちろん、「イエベさんにはベージュが、ブルベさんにはレッドが向く」とはしていますが、「イエベさんにはレッドは似合わない、ブルベさんにはベージュは着こなせない」というわけではありません。

昔から人類にとってなじみ深い素材であった、心地よいリネン素材のスカートは、今でも私たちを魅了します。
きれいなシルエットづくりが得意なパシオーネの「フレンチリネンスカート」の購入はこちらからどうぞ!
https://www.esense-blue.com/items/44239092

独特の清涼感と、使うほど深みを増す素材の味わいと肌に馴染む心地よさや、シルエットの美しさを、たっぷりとお楽しみください!

参考
リネン生地の種類ってどれぐらいあるの?
https://www.rakuten.ne.jp/gold/shirtkobo/feature/frenchlinen.html
https://www.wardrobe-sangetsu.jp/blog/detail/b3/
https://www.kijinomori.com/blog/huyudemorinen2/
https://book.nunocoto-fabric.com/10772

The following two tabs change content below.
遠藤美絵
ICD(国際カラーデザイン協会)認定パーソナルカラーアナリストであり、ファイナンシャルプランナー2級を保持。 元金融機関勤務で現在は現在は岐阜県可児市にて夫婦で経営するセレクトショップésenseの店長。アパレル歴10年。 パーソナルカラー診断でお客様に合ったコーディネイト提案が得意です!