はじめまして!遠藤美絵です。
私は、岐阜県可児市でésense ~エッセンス~というアパレルショップを夫と2人で運営しています。
今回は「ésense ~エッセンス~という店名に込めた思い」「何を売っているのか」、「私自身のプロフィール」、そして「ésense ~エッセンス~を訪れるお客様にどうなってほしいのか」の思いをつづっていきたいと思います。

ésense ~エッセンス~、という店名が持つ意味

パーソナルカラー診断が得意な店長が経営する、esense(エッセンス)の特徴とは

ésense ~エッセンス~は、2014年の9月12日にパティオ可児にオープンしたセレクトショップです(※2021年現在は、岐阜県可児市の中恵土にて独立型店舗を構えています)。

ésense ~エッセンス~、という単語は、だれもが一度は耳にしたことのあるものかと思います。「バニラエッセンス」などが特に有名ですね。
ただésense ~エッセンス~という言葉は、このような「精油」を示すだけの言葉ではありません。英語では「本質的な」「もっとも重要な要素」「物事の精髄」という意味を持ちます。

おしゃれの精髄に通じるお店、そして洋服からその人の本質的な魅力を引き出せるお店、美しさを実現するにおいてもっとも重要な要素……そんなとても大切なものがぎゅっとつまった洋服をご紹介するために、ésense ~エッセンス~は存在します。

ésense ~エッセンス~では、さりげなく旬を匂わせる洋服を扱っています

ダブルスタンダードクロージング

ésense ~エッセンス~では、さりげなく旬を匂わせられる洋服や、自分が自分らしく快適に心地よく過ごせる洋服を取り扱っています。
洋服のカテゴライズ的には「大人のカジュアルファッション」に分類されるものが多く、「カジュアルで、着心地が良く、気取っておらず、それでいてどこか上品さを感じさせる洋服」をテーマにした商品を扱っています。

流行だけを追うのではなく普遍的に着られるデザインの洋服でありながら、その時々の「旬」をアクセントのように取り入れた洋服は、いつもそれに触れる人の心を浮き立たせてくれることでしょう。
「大人っぽさを保ちながらも、遊び心があって、着ていることが楽しくなる洋服」をたくさん取り扱うésense ~エッセンス~は、まさに大人の女性のためのセレクトショップだといえます。

パシオーネ

なお、ésense ~エッセンス~では雑誌に載っている洋服などもたくさん取り扱っています。たとえば、光文社が扱っている「STORY(大人のおしゃれをテーマにした雑誌)」に掲載されている物などです。
流行だけに左右されるわけではないけれど、このような「旬のアイテム」「多くの人が着たいと考えている洋服」のラインアップもそろえているのが、ésense ~エッセンス~の強みです。

なお取り扱いブランドとしては、以下のようなところがあります。
特に、楽に着られて、シルエットがきれいで、大人カジュアルを実現できるとして人気の「ダブルスタンダードクロージング」の取り扱い数は豊富です!

・DOUBLE STANDARD CLOTHING (ダブルスタンダードクロージング)
モダン&クラシカル、クール&エモーショナル、カジュアル&フェミニンなど、対となる要素をミックスしたアイテムを得意とするブランド

・PASSIONE (パシオーネ)
「上質カジュアル」をテーマのひとつとするブランドで、きれいで高級感のある洋服を打ち出しているブランド。基本を押さえながらも、流行を押さえたアイテムを提案している。

・Priscilla bus D’OR (プリシラバス ドール)
流行をさりげなく取り入れたデザインが得意で、カジュアルでありながらどこかりりしい印象を残すデザインを得意とする。また、長く愛される上品で高品質な洋服を打ち出しているブランドのうちのひとつ。

・MICA&DEAL (マイカアンドディール)
「さりげなくおしゃれな毎日の装い」を提案し続けるアパレルブランド。ナチュラルでミニマル、程よいリラックス感が漂うデザインが得意で、着飽きることのない洋服を打ち出している。

・RAW FUDGE (ローファッジ)
だれかに媚びるわけではなく、リンとした女性らしさや経験に裏打ちされた内面の美しさをテーマに、洋服づくりを行うアパレルブランド。こだわりを体現したアイテムを打ち出すが、そのなかに流行のエッセンスも組み込まれている。

※ここで紹介したのはほんの一例です。実際にはこれ以外のブランドのアイテムも取り扱っています。

またésense ~エッセンス~では、ご来店いただいてご購入いただくだけではなく、通販でも商品のお届けを行っています。北海道・沖縄・離島への配達を除き、11,000円以上で送料が無料となります(北海道・沖縄・離島の場合は、30,000円以上で送料が無料となります)。
「欲しかった洋服が出ているけれど、遠方なので買いに行けない!」などのような場合はぜひご利用ください。ご依頼いただいてから3日以内に発送手続きをいたします。

パーソナルカラーアナリストが、コーディネートのお手伝いをします

コーディネートに自信あり!店長のプロフィール

私は、ICD(国際カラーデザイン協会)認定パーソナルカラーアナリストであり、AFT(色彩検定協会)1級カラーコーディネーターの資格を保有しています。

人にはそれぞれ、「自分に似合う色」があります。ただ、この「自分に似合う色」を探すのは、実は意外なほど大変で、苦戦するものです。
そのため当店では専門資格を有する人間により、客観的な視点から「似合う色」を導き出すパーソナルカラーを行っています。お客様お一人おひとりに対して、「もっとも似合う色」「個性を最大限に引き出すカラーコーディネート」を提案することができるのです。

これによって、
・いつも秋冬になると、ダークカラーに偏りがちになってしまう……
・ファッションを選ぶのがそもそも苦手で、何から手をつけたらいいかわからない……
・今よりももっとすてきで、もっとおしゃれな自分になりたい!
・自分自身の新しい魅力を発見したい

と考えるお客様のご希望を叶えることができます。

アパレル歴10年以上を数える店長のたしかな経験と、このパーソナルカラー診断の2本立てで、お客様に似合うコーディネートを提案していきます。

本当に大切なのは、「なりたい自分になること」。そのお手伝いをします

パーソナルカラー診断では、お肌の色に合わせて、「イエベ(イエローベース)春」「ブルベ(ブルーベース)夏」「イエベ秋」「ブルベ冬」の4つにパーソナルカラーを分類します。
イエベ春の人はコーラルピンクやオレンジが、ブルベ夏の人はラベンダーやスモーキーピンクが、イエベ秋の人はブラウンやゴールドが、ブルベ冬の人はブラックやシルバーなどがよく似合う……という特徴があります。

この4つの分類は、洋服選びの大きな手助けになってくれます。「その人が合う色」を選定する基準となりますから、ésense ~エッセンス”においても、「同じ商品でも、このカラーはブルベさんに似合う」「このカラーは、イエベさんのコーディネートによくマッチする」と判断して紹介をしています。

ただこれは、「イエベ春の人は、絶対にブルーは似合わない」「ブルベ冬の人は、パステルカラーは着てはいけない」という意味ではありません。
洋服選びにおいては、その人のパーソナルカラーがどれであっても、その人自身が「これを着たい! と思う服」を選ぶことがもっとも重要です。「似合う洋服を選ぶこと」もすてきですが、「自分が好きな服」を選ぶことは洋服選びの基本だからです。

パーソナルカラー診断は「その人に似合う服」を選ぶことにも役立ちますが、「自分が着たいと思った服」をより良く着こなすためにも役立ちます。

ésense ~エッセンス”では、そんな「着たい服を着こなせる私」を目指す人をサポートし、「なりたい自分になること」のお手伝いをします。

The following two tabs change content below.
遠藤美絵
ICD(国際カラーデザイン協会)認定パーソナルカラーアナリストであり、ファイナンシャルプランナー2級を保持。 元金融機関勤務で現在は現在は岐阜県可児市にて夫婦で経営するセレクトショップésenseの店長。アパレル歴10年。 パーソナルカラー診断でお客様に合ったコーディネイト提案が得意です!